二世帯住宅の間取りと費用 の トップページへ戻る


〜いい二世帯住宅を建てるには〜
  完全分離型二世帯住宅をプランから考える

いい二世帯住宅を建てるにはホームページを訪れてくださる皆様の、最近最も話題になっているキーワードは、

『完全分離型二世帯住宅』です。

『完全分離型二世帯住宅』とは1棟の建物として建築をするものの、玄関は二ヶ所設置し、キッチン・水回り等、内部でも完全に分かれ、それぞれが独立している住まい方のことです。
長期的には、1世帯分を賃貸にする賃貸併用住宅も視野に入れることもできます。

しかし、横浜市を含めた都市部での建築となると、敷地の有効活用が求められ、一般的な単世帯の住宅以上に、プラン上の制約やコスト面での難しさを避けられないのが、この『完全分離型二世帯住宅』です。

『完全分離型二世帯住宅』の場合、上下階で分けるパターンと、タテに区切って分けるパターンがありますが、使い勝手を考えれば親世帯には階段を使わずに平面で暮らせるプランの方がおススメです。

しかし、暮らし方によっては『完全分離型』も必ずしもベストとは言えません。
例えば、共働き夫婦の子世帯で、夕食の支度はお母様に協力してもらう場合は、キッチンとミニキッチンにすれば無駄もなくせてコストを抑えられます。

故に、限られた敷地と納得できる予算の範囲内で、ご家族のライフスタイルに沿ってプランを検討していくことが必要になるのです。


二世帯住宅に関するご相談はありませんか。
お問い合わせ こちらからお気軽にお問い合わせください。


狭小住宅の価格資料 無料ダウンロード
二世帯住宅資料 無料ダウンロード