二世帯住宅の間取りと費用 の トップページへ戻る


〜いい二世帯住宅を建てるには〜
  共有スペース型二世帯住宅をプランから考える

いい二世帯住宅を建てるには前回、『完全分離型二世帯住宅』を検討した場合、プライバシーが高く保たれるというメリットの半面、
設備が全て2ヶ所必要になってしまい、コストがかかるというデメリットについてお話ししました。

今回は『共有スペース型二世帯住宅』の
メリットとデメリット
についてです。

まず、メリットは、設備が1ヶ所でいい分、設備を設置する工事費や、光熱費等のランニングコストを抑えられる、洗面所等のプライベートスペースを充実させられる、広々としたLDKをプランニングできるなどです。

デメリットは、プライバシーの確保が難しいことです。よくあるトラブルとして挙げられるのが、生活動線が重なってしまい、二世帯間の距離感が保てなくなってしまうことです。
この問題は意外と根深くて、共有スペースを設けた二世帯住宅では、実は重要なテーマなのです。

息子家族と同居する場合、一つの家庭に違う家の主婦が2人いることになります。
特に問題が起きやすいのはおそらくキッチンではないでしょうか。
この問題の解決策のひとつは、
「冷蔵庫を親世帯と子世帯で別々のものを用意しておくこと」
です。
リビングは、
「親世帯」と「子世帯」が過ごす「2つのゾーン」に分けること
をお奨めします。

ある程度距離感を持ってくつろげる居場所が、それぞれに必要になるのです。

また、洗面所や浴室の利用時間を決めたり、家事の分担事項を事前に決めておくことも良策かもしれません。



狭小住宅の価格資料 無料ダウンロード
二世帯住宅資料 無料ダウンロード